ものづくり

日本のお家芸と言っても過言ではない「ものづくり」とそれにまつわる精神。
知れば知るほど素晴らしいと思う。
子供の頃誰でもやった事があるであろう折り紙、信じられない話だが外国人はそもそも角と角を合わせて折るという行為が出来ないらしい(もちろん全てではないだろう)
トヨタの「KAIZEN」は有名だが下請けのさらに孫請けのような小さな町工場ですら日々0.1mm、0.01mmの精度を保った仕事をしている。
この素晴らしい技術は国を挙げて保護するべき大切な産業だ。
日本の少子高齢化は当たり前だが製造業界にも影響している。技術をもった職人さんたちはみな高齢で定年を迎え再雇用されるケースも少なくなく、とにかく後継者の数が絶対的に少ないのだ。
「ものづくり」は過去の栄光ではなく今の若者たちにこそ引き継いでもらいたい素晴らしいお家芸なのだという事をもっと業界全体でアピールするべきである。
そのためにも経済の活性化は必要だろう。製造業=輸出産業の側面もあり、それでなくても原材料である鉄鋼の値上げなど明るい話題が少ない昨今。何かインパクトのある宣伝材料はないものだろうか。
「未来のある製造業に是非従事したい」と若者に思わせられる魅力をもっと皆で探り、製造業界から日本全部を盛り上げていきたい。